マレーシアで仕事がしたい!

マレーシアで仕事がしたい!現地で暮らすために必要な衣・食・住の「住」について

「学生のころから将来は海外で暮らしたいと考えている」、
それに「仕事の経験を積んでやっと実務経験が身についたからそろそろ海外転職のために動き出したい」と思っている方も多いのではないでしょうか。
ここ数年で、「マレーシア」での就職を目指す人が増えたことから、その現地での暮らし方に大きな関心をもつ人が増えています。
そこで今回は、マレーシアで就職を目指し仕事をするという人に向けて、マレーシア生活で大切になるポイント、
衣・食・住の「住(居住、住居)」に注目してご紹介します!
 
 

マレーシアでの住まいの基本について

マレーシアでの就職を目指す人に多いわけ、それは現地採用として働いたとしてもマレーシアで十分に暮らせる収入を得られること、
さらには生活費が日本にくらべて三分の一くらいで収まるという利点も大きく影響しているようです。
実際に日本人がマレーシアで暮らすとなると、「コンドミニアム」をレンタルして生活するのが一般的です。
慣れない海外生活では、このような住まいや環境も重要用なキーポイントとなります。
どういった住まいを選択するかによって、快適なマレーシアライフを送れるかどうかに関わってくるからです。
 

生活費も三分の一、家賃も三分の一!?

仕事をするためにマレーシアにやってきた人は、語学留学とは違って自分で住居を決めたり、
務める企業に協力してもらい住まいを決めたりということが一般的です。
マレーシアで生活をすると生活費が日本にいたときよりも半分以下に抑えられることが魅力でしたが、
それと同時に住まいの家賃にかかる費用も大きく削減することができます。
マレーシアでは、生活費がとても安い分一ヶ月の出費の大半を家賃が占めるでしょう。
それでも家賃はとても安く、シェアルームで暮らすことになれば月三万円ほどで暮らせるなんてこともあります。
マレーシア内でも高めといわれる高級コンドミニアムや、部屋数の多いコンドミニアムであれば日本円で10万円ほどすることもありますが、
それでも日本に比べたらとても安いですし、そういった住まいには必ずといっていいほどスイミングプールやジムなどの施設が揃っているものです。
 

コンドミニアムのほかにも住まいの選択肢がある

マレーシアで暮らす日本人労働者の多くが、コンドミニアムで暮らしていることを先にご紹介しました。
一方マレーシアには、このほかにも住まいとなる住居がいくつかあるので、それについても少しご紹介します。
 
コンドミニアム
改めて「コンドミニアム」についてご紹介します。
マレーシアのコンドミニアムには、ベッドやエアコン、テレビ、洗濯機、ソファ、テーブル、キッチンなど、
生活に必要な家具や電化製品が一式揃っていることが基本です。
そのため、はじめてコンドミニアムに暮らすときにはベッドのシーツや身の回りの生活用品などを揃えるだけで、
簡単にマレーシアでの生活をスタートさせることができます。
誰かといっしょに暮らすことなくプライベートな空間を保てるので、仕事とプライベート、
または家に帰ったらゆっくり休息したいという方におすすめの住まいです。
なかには、家族総出でマレーシア生活をスタートするというご家庭もあるでしょう。
マレーシアは東南アジアのなかでも治安が良いと評判ですし、コンドミニアムであれば24時間セキュリティー完備のところも多いため
小さなお子さまといっしょの暮らしでも安心です。
 
サービスアパートメント
コンドミニアムよりも、さらに便利に快適にリッチに暮らしたいときには「サービスアパートメント」に暮らすことをおすすめします。
その名のとおり、ありとあらゆる便利なサービスを受けられるアパートであり、ホテルさながらの暮らしができることでも人気があります。
毎日のようにルームキーパーが訪れて部屋をキレイにしてくれますし、フロントサービスも常に待機していることで不自由することはまずないでしょう。
家具や電化製品も充実していますし、ホテルとは違ってキッチンが部屋のなかにあるので自炊をすることもできます。
さまざまなサービスが利用できて、優雅なマレーシアライフを実現できますが、やはり家賃に関してはほかの住まいに比べたら破格です。
1年契約であっても1か月の家賃が最低10万円はしますし、そのほかインターネット代や光熱費、ケーブルTV代など、
ホテルなら宿泊料金に含まれていることも別途で支払いが必要になります。
そのため、マレーシアで就職して相当な高給をもらっていない限り、サービスアパートメントで暮らすことは現実的に難しいでしょう。
 
シェアハウス
マレーシアのなかでも家賃が高いとされるサービスアパートメントの次は、もっとも家賃を安く抑えられる「シェアハウス」についてご紹介します。
マレーシアで仕事をしながら、かつ家賃をできるだけ抑えたいというときには3~4名ほどでコンドミニアムの一室をルームシェアするのもいいでしょう。
平均的なコンドミニアムの家賃が最低5万円ほどとされているなかで、シャアハウスであれば月3万円ほどで暮らせてしまうようです。
数名で部屋をシェアしていますが、コンドミニアムにはキッチンが備え付けてあることが多いので、自炊をしながらさらに生活費を抑えることもできます。
語学留学で知り合った人たちや会社の同僚、またはシェアルーム情報が掲載されているサイトで同居する仲間を見つけるといった方法もあります。
他人といっしょに共同生活することから神経質な人にはあまり向いてせんが、家賃にそれほど費用をかけたくないといったときや、
複数名で暮らしたほうが安心できるといったときにはシャアハウスを選ぶのもおすすめです。
 
就職 海外留学

就職 大学留学

就職 マレーシア

就職 英語留学

就活 留学